開先加工でお困りではありませんか?

「難しい開先加工を依頼できる業者がいない」
「難削材や非鉄金属の特徴について詳しく知りたい」
「開先加工について困っている」

開先加工.comなら、難削材や非鉄金属も加工実績がありますので
安心してお任せいただけます。

開先加工でお困りではありませんか?

「難しい開先加工を依頼できる業者がいない」
「難削材や非鉄金属の特徴について詳しく知りたい」
「開先加工について困っている」

開先加工.comなら、難削材や非鉄金属も加工実績がありますので安心してお任せいただけます。

V形開先は、板厚が厚い部材の溶接に適しているとされています。
以下にV形開先の主な特長を示します。

溶接強度が高い

V形開先により、溶接材が部材の内側に入り込みやすくなります。
そのため、強度の高い溶接を実現することができます。

溶接時に発生する歪みが少ない

V形開先は、溶接時に発生する熱歪みを抑制することができます。
これは、V形開先により、溶接材が均等に部材の内部に入り込むため、部材の熱変形が均等化されるためです。

余分な材料を削除する必要がない

V形開先は、他の開先と比べて、溶接材が流れやすく、余分な材料を削除する必要がありません。
そのため、加工時間やコストを削減することができます。

表面処理が容易

V形開先により、部材同士が溶接された際の接合部分が細くなるため、表面処理が容易になります。
また、溶接面積が減少することで、余分な溶接材が出てしまうこともなくなります。

適用範囲が広い

V形開先は、部材の材質や形状を問わず、幅広い範囲で利用されています。
また、溶接方法によっても適用範囲が異なりますが、V形開先は、一般的な溶接方法に適用されることが多いです。

以上が、V形開先の主な特長です。
ただし、板厚が薄い場合や、曲がった部材の溶接など、特定の条件下では、V形開先が適さない場合もありますので、適切な開先の選定が必要です。

「加工が難しい」「加工に時間がかかりすぎる」



「どうやって加工したら良いかわからない」
そのお悩み、ぜひご相談ください!

「加工が難しい」
「加工に時間がかかりすぎる」
「どうやって加工したら良いかわからない」
そのお悩み、ぜひご相談ください!

開先加工の事例

ステンレス
研磨されたステンレス板の開先加工
その他
高張力鋼の型切板の開先加工
高張力鋼の型切板の開先加工
ステンレス
ステンレス扇板の開先加工その2
ステンレス
ステンレス扇板の開先加工